yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

MCUとセルフレジの功罪

MCUシリーズを引き続き視聴。

 

 マイティー・ソー

マイティ・ソー (字幕版)
 

 北欧神話をモデルにしたマーベル作品。主人公はオーディンの息子ソー(トール)。お決まりのミョルニルの槌(作中では英語読みでムジョルニア)も登場し、ロキが暗躍する、北欧神話好きにはたまらない作品。

 

 アイアンマン2

アイアンマン2 (字幕版)

アイアンマン2 (字幕版)

 

 アイアンマンの6か月後を描いた作品。アイアンマンことトニー・スタークが、生命維持装置リアクターの動力源であるパラジウムによる中毒と戦いつつ、ライバルとして登場した天才技術者イワンとの死闘を繰り広げる。

 

さりげなく、親友の空軍中佐のキャストが変更になっていて寂しかった。元のキャストの方が軍人らしかったように思う。

 

マーベル作品には、なぜか日本に配慮したシーンがほぼ必ず出てくる。SakeやSashimi、日本人キャストに日本庭園。嬉しいけれど、ここまであからさまだと、何かお金が絡んでいるのではと、勘ぐってしまう。国別興行収入ランキングで上位、ということがあるのかもしれない。単純に、日本が好きだから、という理由だったら嬉しい。

 

前回レンタルした作品5本を見終わったので、新たに5本レンタル。最寄りのTSUTAYAは全てセルフレジなのだが、誰のか分からないレシートや、なぜかそのまま放置されたプリキュアのDVD作品が散乱していた。借りた人がいれば忘れたのかもしれないが、おそらく借りようと思って、やっぱりやめた、というパターンだと思われる。

 

店員に置いてあった旨伝えて手渡すと、丁寧に対応してくださった。セルフレジになったおかげで、人員削減をすることができ、それでも残ることができたスタッフは優秀な人が多いのかもしれない。その分、借りる側である客のモラルが問われているような気がする一件だった。

 

簡易的な対策としては、レシートを捨てることができるごみ箱や、借りようと思ったけれど諸事情で借りられなかった時に備えてレンタル中止用返却ボックスなどがあれば、便利かもしれない。