yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

カプチーノ読了

カプチーノ

カプチーノ

2018年5月23日

 

先日紹介した吉住渉先生のカプチーノを読了。

 

yura-rakugaki.hatenadiary.jp

 

悲しい話ではあるけれど、バッドエンドではない、ほっこりするお話だった。みんなそれぞれの思いを抱えているなかですれ違うという、完全な悪者がいないお話なので、気持ちのやり場に困って切なくなる場面も多い。しいていえば、タイミングが悪かったのかもしれない。もっと話し合っていれば……!

 

そして、友情っていいな、と改めて思う。本当に困っているときに助け合える仲間というのは、素敵だと思う。

 

ちなみにwikiによると、カプチーノとは以下のものらしい。

 

カプチーノ(イタリア語: cappuccino)は、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。

 

カプチーノ - Wikipedia

 

エスプレッソが何だかわからないので、さらにwikiから引用。

 

エスプレッソ(espresso)は、元は、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。

 

エスプレッソ - Wikipedia

 

コーヒーは奥が深いということがわかった。

 

というわけで、今日はカプチーノの表紙から在を模写。幸せになって欲しい。