yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

原神 その2

 原神をプレイ。ようやく冒険者ランク10まできた。

 ストーリー攻略のギミックに、ステルスゲーム要素が登場。宝物庫の中を、監視員の目を盗んで進んでいくのだが、これが厄介。

 見つかると最初からなので、3回失敗して投げ出し、放置中。憂さ晴らしにマップの探索に出かけた。

 敵の3つの部族を倒し、キーとなる遺跡を稼働することでシールドが解除される場所があり、2つまでクリア。今日、あと一つを攻略する予定。

 このゲームのキーとなる元素による攻撃がなかなか面白い。敵の木製の盾を火矢で攻撃することで燃やすことができ、さらに風のスキルで攻撃することで爆発を起こすことができる。

 元素の組み合わせによって反応が変わるので、敵との相性によって組み合わせを考える必要がありそう。

 原神をここまでプレイして気になる点は、世界観の説明の少なさ。一応、ヒントは追加されていくのだが、歯切れが悪い文章で、核心には触れないので、結局答えは自分で見つけなければならない。

 また、日本語としてはおかしくないが、文脈に違和感を感じる会話が多く、せっかく素敵な声をしているのだから、もう少ししっかりとした翻訳をしてほしかった場面が多い。

 とはいえ、基本無料でこのシステムとグラフィックなのだから、ポチポチとボタンを押すだけのゲームとは一線を画している。早速モンドへ旅立つとしよう。