yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

エレキギターの弦交換

 初めてエレキギターの弦を交換。

 いつの間にか1弦が切れていたので、この際全部交換しようと決意。

 前回切れたときはギターショップにお願いしたのだが、せっかくなので自分で挑戦。

 最初に弦を切った後、引き抜こうとしたのだが、先端の玉がギター本体の穴にはまって抜けない。サドルを外してみたが、あまり関係がない。裏の板も外すが、穴の位置がさらに奥なのでこれまた意味がなかった。

 ネットの情報をもとに、3弦の切れ端を使って押してみたのだが、強度が足らず曲がってしまう。4弦以上だとそもそも入らない。

 工具ツールに細いキリ状のものがあったので、入れて押してみると、あっさり抜けた。第一関門クリア。

 3年ほど前に購入した予備の弦があったので開封。が、錆びている。4、5、6弦はよいのだが、3弦から明らかに錆びている。大丈夫か、これ。

 恐る恐る、巻いていく。ピンッという音もしていたが、なんとか無事1弦まで交換完了。第二関門クリア。

 チューニングしてみる。が、ここで大きなミス。1オクターブ高いところで6弦を合わせようとしていたため、途中でものすごい音とともに切れる。ペグが今までにないくらい重かったので、おかしいなと思いつつも、大丈夫だろうと回した結果がこれ。錆びていない太くて丈夫な弦が切れるという、まさかの失態。

 一旦作業を中止し、新しい弦を購入。サウンドハウスで注文したら、次の日に届いた。早い。価格も安くて、送料もかからなかったので満足。

pc.moppy.jp

 気を取り直して、作業再開。買ったばかりの弦は、やはりピカピカ。安心感が違う。前回の轍を踏まないよう、少し緩めに巻いておく。

 チューナーをセットして、ゆっくりペグを回す。キリキリと音がするのでドキドキしたが、無事チューニング完了。ギター本体は管理が悪く、いたるところが錆びていて弦だけが光っているが、それもまたよし。

 次切れるのはアコギの弦だと思うので、今回の経験を生かして頑張ろう。