yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

交通安全標語

 運転中、交通安全標語を発見。

安全運転は気づきから (心と交通安全study)

安全運転は気づきから (心と交通安全study)

  • 作者:春日 伸予
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: 単行本
 

 たしか、「危ないよ、画面をみないで前をみて」だったと思う。カーナビやスマートフォンを運転中に注視することの危険性を指摘する、とても良い標語だ。

 この標語は道路前方の電光掲示板に表示されているので、これを見ている人は前を見ているというのがなんとも皮肉がきいていて印象に残った。

 この矛盾を解決するためには、

 「危ないよ、標語をみないで前をみて」

 という掲示板を道路の斜め前や真横に設置するしかない。しかし、注視することが危険な掲示板をあえて設置するというのも考え物だ。

 こうなったら、VICSを使用して、カーナビ画面上に最初の標語を表示するとしよう。線路の一時停止中にFMラジオで「危ないよ、ラジオ聞かずに窓開けて」と流して電車が来ているか窓を開けて確認する作業を促す、というのもいいかもしれない。