yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

木村九段

日曜日に第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントを観た。森内九段と三枚堂六段の対局。

 

解説として登場した木村一基九段の語りが分かりやすく、非常に面白かった。

 

飾らずに、思ったことを話す姿勢にとても好感が持てた。

 

風貌がジョイマンの高木さんに似ている点も素敵。

 

ネットで調べると、やはり人気な棋士のようだ。

 

originalnews.nico

 

この記事のタイトルは、戦型の攻め受けのことだったが、記事の後半には面白いという意味合いの「受け」についても触れられており興味深かった。

 

後半歩でタイトルを逃している木村九段が、記事の最後にこう語る。

 

才能は……あるんでしょうけど、努力によっていかようにもなる。(中略)ただ、いくら頑張ってもダメだというくらいの才能の開きというのは…………あるんだろうなと。

 

努力の化身ともいえる一流棋士が才能という言葉を発すると、やはり重みが違う。タイトルを取るには努力はもちろん、才能も必要、ということなのだろう。