yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

orange

飛鳥

飛鳥

2018年6月16日

 

orangeという高野苺先生の漫画を読んだ。知り合いから紹介されて、全6巻だったので購入。面白くて一気に読んでしまった。

 

簡単なあらすじ。高校生の主人公菜穂のもとに、26歳になった10年後の自分から手紙が届く。そこには、日付とともに、その日、起きるはずの出来事が箇条書きで書かれている。そして、10年後の自分が、後悔したこと、後悔しないために、行動すべきこと、してはいけないこと、などが◎とともに記されている。そんなとき、手紙に書いてある通りに、転校生の翔が転入してきて……という、ちょっとSFチックな恋愛&友情マンガ。

 

かなり重たいテーマも扱っているので、ところどころ、「お話の中でくらい、 ハッピーエンドが見たいじゃないですか」と思うこともあった。10年後の自分の後悔のために、今生きている自分の選択を変えることが正しいのか、それはわからない。

 

それでも、きっと、みんなが幸せになる世界もあるのかもしれない、という希望はもてる話だった。個人的には須和が良い人すぎて辛いのと、萩田が面白すぎてお腹が痛い。

 

ときどき、目のハイライトが消えて黒塗りの瞳になるので、ドキッとしてしまうというのは内緒。

 

orange : 1 (アクションコミックス)
 

 

さて、今日は、なんとなく鉄拳の飛鳥を模写。24時間戦えますか?