yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

テリーのワンダーランド

テリーのワンダーランド

テリーのワンダーランド

2018年6月13日

 

ふと懐かしいゲームを思い出した。

 

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

 

モンスターを仲間にして、鍛え、成長したら、つがいにして子供に技や能力を継承する。戦闘では、指示を出すこともできるのだが、方針だけ決めてモンスターが技を決めるオート戦闘もある。ガンガンいこうぜ

 

最終的には、そこそこ強敵のモンスターじいさんとのバトルに勝つことや、ダークドレアムという最強キャラクターを作ることを目標にするのだが、とにかく、自分オリジナルの特徴を持つキャラクターを作れるというのが好きだった。強くなさそうな見た目のリップスなのにマダンテを使って大ダメージを与えたり。

 

個人的にはゴールデンスライムが好き。HPの伸びは低いのだが、見た目が可愛いので愛用していた。

 

好きなゲームと言えば、PSPで発売された、「グランナイツヒストリー」も外せない。

 

www.marv.jp

 

スフィアリール・バトルという独自の戦闘表現がとにかく可愛い。キャラメイクをして育て、強敵を倒し、最終的にはオンラインの戦争に連れていく。

 

個人的に、オンラインなしで、もっとオフラインを充実させたら、もっとヒットしたのではないかと思っている。

 

グランナイツヒストリー以降、このスフィアリール・バトルは使用されていないようなので、非常に残念。また、世界観や雰囲気は変えずに、ボリュームを増やしてリメイクしてほしい。

 

さて、今日は、せっかくなのでテリーのワンダーランドの表紙を模写。テリーを描いて力尽きたので、モンスターは簡単なスライムをチョイス。あれ、緑のスライムってスライムナイトとかスライムつむりと一緒にいるキャラじゃなかったっけ。もしくはバブルスライムの融解前。