yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

Gibson破産

平沢唯

平沢唯

2018年5月2日

 

ギターメーカーの大手Gibsonが破産したというニュースを見た。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

Gibsonといえば、「けいおん」で唯がGibsonレスポールチェリーサンバーストを使用しているのを見て初めて知った。

 

唯の使用しているのはレスポールスタンダードらしい。amazonでは似ているトラディショナルタイプで約18万円。

昔、どうしても欲しくなって、形状や色が似ているTOKAIブランドのレスポールを購入し、けいおんの曲を練習していたのを思い出した。TOKAIは大手モデルに似せた商品を高品質で提供してくれるメーカーで、とても弾きやすかった。しかもGibson気分が味わえて3万円という良心的価格。

 

GibsonFenderは破産なんてしないと思っていたけれど、驚きだ。理由としては、楽曲作成のデジタル化と、多角経営の失敗らしい。

 

日本でも、昔はGibsonの輸入代理店が厳しく品質チェックをしていて良品ばかりだったらしいが、今はチェックがないので玉石混淆とのこと。高いお金を出して、残念な商品だったらたしかにガッカリしてしまう。

 

今後は楽器関係のみに注力していくということで、Gibsonブランドのギターはさすがに残った。ぜひ、経営を立て直して、世界の音楽に新たな音色を加えていって欲しい。

 

さて、今日はせっかくなので「けいおん」の平沢唯を模写。ギターまで入らなかった。