yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

タイトル詐欺

智恵美

智恵美

2018年4月27日

 

昨日の日記のタイトルに「スクスト」とつけたのに、すっかり内容を書くのを忘れてしまった。

 

昨日までレイド協力戦だったのだ。HPの高い敵をひたすら倒してポイントを稼ぐという鬼畜ゲーム。

 

500000ポイント貯めると、スクラッチ挑戦権という、ちょっといいアイテムがもらえるということで、頑張ってみた。

 

次回に向けてメモ

 

  • 今の自分のレベルでは超上級はやるだけ無駄
  • 中級もしくは上級でなるべく協力戦のゲージを温存する
  • 全体救援の高レベルの敵が来たら協力戦ゲージをフル活用

 

今回の失敗は調子に乗って超上級でゲージと協力戦エリクサーを全部使ってしまったこと。超上級はLV.70まで倒さないと他の級よりも効率が良くならない。そして今回はLV.30くらいで力尽きた。

 

最初から中級で消費していたら、多分もっといいスコアだったと思う。超上級の良いところは効率500%のエンドという女の子(?)が結構出ることぐらい。

 

結果はギリギリ500000ポイントだった。順位はギリギリでレギュラー30000位内。UR補助券ゲットだぜ。なかなか貯まらないけれど。いつになったら使えるのか。スクラッチは楽しみにとってある。

 

そして、ついに「スクスト2」へ向けたストーリーが始まった。のは、いいのだけれど。

 

スクスト2

スクスト2

 

思わず笑ってしまったのが、この一択選択肢。プレイヤーに自由意志を強制する。自由ってなんだ。

 

さて、今日は昨日知ったアニメ「王様ゲーム」から主人公の彼女智恵美を模写。救いの無い物語だった。合掌。