yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ

2018年4月22日

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が2018年4月27日公開。もうすぐ。

 

マーベルのシリーズ作品はあまり見たことがないのだが、以前、「ドクター・ストレンジ」を見て、とても面白かったので、今更ながらちょっとずつ見てみようと思う。

 

ドクター・ストレンジ」の何が面白いかというと、映画の紹介文。

 

ドクター・ストレンジは、天才脳外科医として有名だったが傲慢さもあった。地位、名誉、豪華な生活も手に入れていた天才外科医ドクター・ストレンジは、運転中の事故で両手の機能を失う。リハビリと手術を繰り返すも、医者からはさじを投げられ、途方に暮れる。そんな折、半身不随から見事回復した男の話を聞き、ネパールの魔術師の元へ行く。手の治療が目的だったが、師に見込まれ否応なく世界の支配を企む敵との戦いに巻き込まれていく。 

 

詰め込みすぎて笑ってしまった。日本のドラマだったら4クールぐらい引っ張れる。

 

そして実際鑑賞すると、紹介文通りでいながら、見ごたえのある演出でワクワクする。はじめて4D対応の映画館で鑑賞したのだが、吹雪いている雪山で修行するシーンで4D用の空調ファンが全力でうなり、声が聞こえないというハプニング。面白すぎる。

 

最強の敵と戦うクライマックスシーンもさすがアメコミという展開で、久しぶりの当たり映画だった。

 

というわけで、今日はドクターストレンジを模写。色を塗る気力がないのでラフ。

 

おまけ「今日のテーマソング」

ネクラトーキー「オシャレ大作戦」

最初は、か弱い声だな、ぐらいの感想だったが、ずっと流していたら、歌詞が笑えて、サビのリズムやシンセサイザーの気の抜けた音が可愛く、好きになった。ボーカルの目が泳いでいてずっと見ていると不安になってくるので、音だけに集中して聴いている。

 

涙が出たって 大人なら

誰にも見せないで終わらせないと

そうやって嘘もつく ちょっとオシャレでしょ?

反吐が出るなあ

 

この歌詞が特に素敵。

 


ネクライトーキー MV「オシャレ大作戦」