yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

ふりふら

f:id:yura_rakugaki:20180128230341j:plain

理央


2018年1月28日

 

今日も起きたら昼をとっくに過ぎていた。平日もこのくらい寝れたらいいのだけど。

 

今日もまた、ふりふら(思い、思われ、ふり、ふられ)7巻を読んだ。

 

咲坂先生の本は、何度読んでも、たとえ話の展開を知っていても、感動できる。最初に読んだ時は気づかなかったことに気づいて嬉しくなったり。Amazonの評価も高評価が多い。

http://amzn.to/2DUfh1a

 

由奈が自分の意志で俯いていた顔を上げる、その一コマだけで全てを語ることができる。逆にその一コマに魂を吹き込むために、いろいろなエピソードが緻密にちりばめられていて、どのシーンも捨てがたい。

 

2018年春発売の8巻も早く読みたい。朱里と乾くんも上手くいくといいな。

ストロボ・エッジアオハライドも、また一気読みしたい。

 

自分の中でふりふらデーだったので、今日は7巻の表紙の理央を描いてみた。イケメンの優しい言葉って、とてつもない包容力を宿していて癒される。だからといって上手く描けるわけではなかった。襟が長すぎた。XLサイズだと思おう。