yura*'s rakugaki diary

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

爪の日

f:id:yura_rakugaki:20180108004015j:plain

2018年1月7日

 

物凄く壮絶な夢を見たような気がしたが、全く覚えていなかった。

夢といえば、今年の初夢は腎臓に病気が見つかるというリアルな夢だった。潜在的な何かを体が発信しているのかもしれない。

 

テレビで毎週恒例の、のど自慢がやっていたが、優勝した人が見事に見た目通りの優しい声でほっこりした。3時間後に控えた成人式の前に参加した人もいて、絶対成人式で盛り上がるだろうな、と、これまたほっこりした。

 

今日は七草粥の日ということでフラワーナイトガールのナズナさんを描こうと思ったのだが誰だかわからない人になってしまった。爪の日だから爪を切っているところにしよう、という安易な考えが失敗だった。素直に立ち絵の模写にしておけば……